2010年12月16日

立命大の内藤洋平選手と仮契約


今週はじめに

立命大の

内藤洋平選手

との仮契約のニュースが一部スポーツ紙に。

立命大 内藤洋平.jpg


彼は、現在

立命大で「10」を背負うMF

主にボランチらしい。

攻守に活躍し、

多彩なパスも出せるようだ。

若きサンガの一員になり

頭角を出して欲しいものだ。


※先日、川崎Fの薗田淳選手に

 サンガがオファーの報道があったが、

 見事に、断られ

 撃沈!


◆現在の情報

 水本(4)・・・広島からオファー

         広島サイドとは、一度会ったが、

         挨拶程度で、

         祖母井GMとの話し合いをしてから

         決断するよう。

 大剛(22)・・大宮からオファー

         ・・・・・???

 角田(26)・・C大阪、仙台からオファー

         C大阪とは、最終戦後にも契約???

         ・・・その後、報道は無く・・・

         先日、仙台から?

         移籍はするだろうが、何処になるのか?

他の選手も、気になるが、噂の段階であろう。



いずれにしても、明日(17日)に

祖母井GMが、クラブに来てからになるだろう。

今週末〜来週は、

スポーツ報道から、眼が離せない!!!!

2010年12月12日

川崎FのDF薗田淳(21)にオファー



京都サンガが、

川崎Fの若きDF

薗田 淳

にオファー

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/12/09.html

できれば、
水本の残留が決まり、
薗田の移籍が確定
することを
望むのだが???

テヒの移籍は、
まぁ、良いかなって。
ミズとのコンビネーションがもうひとつだったし、
ミズの踏ん張りで、守れた場面もいくつもあった。

ミズは、元ジェフで
祖母井GMとの信頼関係もできているということで、

「移籍の話は、GMとの話し合いのあとでの結論」

と言っているだけに・・・期待してしまう。


祖母井GM
仕事は
始まっていますよ。

2010年12月10日

新監督、決定!


やっと、監督が決まった。

京都サンガF.C.の公式HPで発表された。

予てから、噂のあった

大木武 氏だ。


以下、

【指導者としての特徴 】

サッカー監督としての信条は

「見てくれたお客さんが
 もう1回見たいと思うサッカーをする」
事。

「サッカーはエンターテインメント」という哲学の下、
4-3-3システムを採用した
攻撃的サッカーを得意としている。


特にパス&ムーヴを繰り返すショートパススタイル、
流動的なポジションチェンジ、
チャンスの時は4,5人が一斉に前線へ駆け上がる
高速カウンターなど。

彼の戦術として印象的なのが、
「クローズ」である。

ドリブルやサイドチェンジは極力排除し、
片方のサイドだけでパスを回していくものである。

この戦術のメリットは
奪われてもすぐに取り返せるところであるが、
逆に個人個人の技術も必要である。

そのため
技術的に乏しい選手が多い甲府では
ガラ空きの逆サイドに回されて
失点することが多かった。


・・・大木氏の持論と

   来期、京都サンガの目指すもの

   合致しているのだろうか?


どう見ても、今のサンガに無いものばかり。

目指すのだから、当然、今とは違う・・・

といえば、それまでだが???


上記の、

甲府の二の舞にならなければ良いが

京都サンガF.C.は

来期のJ2を ぶっちぎって、

【一年でのJ1復帰】

を果たして欲しいものだ。

大型ボランチ入団内定!


チョン ウヨン選手 入団内定

http://www.sanga-fc.jp/news/20101209-2242.html


やっと、決定した。

京都サンガの来期の課題のひとつ

センターラインにおける

ボランチの獲得である。


韓国U−21代表。

大型の攻撃的MF。


・・・・・大型のボランチ???


こんな、期待をこめた言葉?

今期の初めにも、耳にしたなー。

働かずに、年棒6000万?

レンタルだったけど、

早々に帰国した

『チエゴ』


同じ、失敗はないと思いたいが・・・・・?

やっぱり、見てみないと?


祖母井GMは、確認しているのだろうか?

就任前のフロントの先走りの失態でないことを願う。


来シーズンが始まれば、

キャンプや城陽で見られる。

まー、実線でどれだけやってくれるかだろう。


現在のサンガの布陣なら、

そこそこなら、

レギュラーとれるだろうけど。


この時期は、

期待感は高まる。

2010年12月08日

水本。契約の更新を!


サンガは、まだ、交渉してないの?

ミズが
広島と交渉。
挨拶程度とのこと・・・・だが?


 京都のDF水本裕貴(25)が
オファーを受けている広島と6日に
都内で初交渉を行ったことが7日、わかった。
この日、
京都府城陽市内で練習を終えた水本は
「オファーをしてもらって、挨拶程度です」と、
詳しい金銭面などの交渉は今後行う。
「まだ京都とも話してないし、
    祖母井さんと話してから」と、
千葉時代に関係のある
新GMとも交渉して決断する。
          (スポーツ報知 より)


気にかかるのは、


まだ京都とも話してないし

というところ。

フロントは、なにをしてるの?

ミズは、センターラインに絶対必要

一年でJ1に復帰するのに、
力を貸して欲しい。共に戦おう!


って、なんで言わない。

早々に、言っていて当たり前では。

ま、祖母井GMと
話をしてからになるなら、
何とか、GMに慰留してもらいたい。

そして

水本、決意の残留、契約更新!

の報道を聞きたい。


アキさんの退任発表の際の社長のコメント

・・・・経験が浅いので・・・

それは、
最初から分かっていたことだし。

もっと、言いたいのは、

経験が浅いのは、社長、あなたです。

考えが浅いのも、社長、あなたです。

ファン・サポへの思いが浅いのも、

        社長、あなたです。

この際、深ーく、ふかーく、フカーク

    反省し、辞任するのも

        社長、あなたです。

2010年12月07日

アキさん 解任決定!


遂に、監督解任の発表。

京都サンガ 公式HPに

秋田豊監督解任
http://www.sanga-fc.jp/news/20101207-2238.html

・・・無念だろうけど、

しかたがない・・・だろう。

ヤナギも言っていたように、

「これが、プロの世界」

結果が出なければ、当然の結末。


・・・・・だが、フロントは、


梅○会長の辞任だけで、集結か???
今シーズンから、着任した素人社長は、
このまま、
居座るのか?



アキさーん、
なんか、納得いかないよな!!!



正直、
Qさんからのバトンを受け取ったときは、
現役時代のスピリッツに期待したけど、
選手の起用や交代には
かなりの疑問が残りました。


新監督の発表が、いつになるのか?
この日曜日、12日の
ファンクラブ限定の
「大ふれあい大会???」とやらには、
監督、選手を含めて
誰が参加をするのやら・・・・・?

戦力外・・この言葉?


サンガから、
契約満了選手として
正式発表がありました。

中谷、西野の両選手。

トノ(西野)おいては、
本人のブログでの、報告のほうが先?

フロントは、一体なにしてるの?

ヤナギの件でも、祖母井氏おGM就任の件でも
常に、報道が先行。
しかも、

『・・クラブ関係者の話・・・』

って、一体誰???

ファン、サポの気持ちを
もっと、もっと、
大事にすべき。

契約満了の発表もだけれど、
来期のことを考えると、

【契約完了選手】

を早く発表して欲しい。

主力の流出のうわさ(オファーも含めて)が
あふれてる中、
主力は・・・?
補強は・・・?

不安を早く解消してほしい。


選手の中からも

『来年も一緒にがんばって、
     J1に復帰するぞ!』


って言葉を発して、
チームを引っ張っていこうという
気概のある行動を起こしてくれる人材が
出てこないのも
このチームの体質なのか???


来期へのエネルギーになる報告がほしい。

2010年12月02日

広島が ミズ を狙ってる!


広島が ミズ にオファー。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/02/16.html


昨日、祖母井氏のGM就任のニュースに
安堵したのも、つかの間。

だが、ミズは

  「京都に残留することも、選択肢の一つ」と言っている。

 この言葉が、
 そのまま、現実となればいいのだが?

 G大阪からの移籍を振り返ると、
 カテゴリーや出場機会には、こだわりがあるのかも?

 ここは、
 元、千葉のつながりで、
 祖母井さんの
 《引きとめの言葉》が必要。
 ただ、祖母井さんは、
 2011年2月からの契約らしいから・・・?

 水本、京都に残留!

 この、記事が出るのを
 待つだけだ。

2010年12月01日

やっと、GMに祖母井氏が就任


やっと、やっと、決まりました。

京都サンガの公式HPにでました。

GMが、祖母井氏に決定です。
http://www.sanga-fc.jp/news/20101201-2228.html

これで、
ファンやサポも大事にして、
フロントに物申すことが出来れば・・・。

もっと、希望が叶うのならば、

・・ヤナギと契約交渉してください。
   《京都愛》をいっぱい持ってる選手です。   

   若いだけではダメ!
   経験してきたものを、
   もっと、もっと
   ミヤ、タイスケ、アツタカ、ジャンボ、タマちゃんら
   これからのサンガを支えていくべき人材に
   実戦のなかで、叩き込んであげて欲しいから。

 とりあえず、ひとまずはホットした。

2010年11月12日

熊本が、ヤナギを・・・やめて。


J2熊本が柳沢獲得に動く 戦力外後に打診
 Jリーグ2部(J2)熊本が
 1部(J1)京都から戦力外通告を受けた
 元日本代表FW柳沢敦(33)の獲得に
 乗り出していることが12日、分かった。

 熊本の岡英生社長が
「京都に対しては、既に話をしている。
 柳沢君が戦力外となった後に動きだした」
 と話した。
 柳沢は2002、06年のワールドカップ(W杯)
 に出場した経験を持つ経験豊富なFW。
 イタリア1部リーグ(セリエA)でプレーした実績もある。
J1では通算300試合に出場し、101得点をマークしている。

[ 共同通信 2010年11月12日 11:28 ]

 やめてくれー!!!

 J2しかも、熊本??
 J2の富山なら、地元だし、
 ヤナギの人間性からいっても、
 ありかな?って思ってたけど。

 やっぱり、
 撤回して、再契約してくれ。
 年棒も、契約条件も
 しっかり、話し合ってくれ。
 素人フロントの皆さん。
 再考すべきですよ。
 あらゆるメディアにおいても、
 ヤナギの名声を利用(活用?)してきたじゃないですか。

 「苦しい時期だからこそ、
     一緒に頑張って欲しい」


 何故、この一言が、言えないのか? 分からん?

 

祖母井氏の招聘へ。

 次節14日の浦和戦で
 J2降格が決まる可能性のある
京都が、
 今夏までフランス2部グルノーブルの代表を務めていた
 祖母井秀隆氏(59)の招へいに動いていることが
 11日、分かった。

 複数の関係者によると、
 クラブ幹部が現在もフランス在住の祖母井氏との日本国内での会談を要請。
 それに応じて祖母井氏は近日中に一時帰国するという。

 07年以来4年ぶりのJ2降格が目前に迫り、
 京都はすでに元日本代表FW柳沢に戦力外を通告するなど
 来季へ向けて動いている。
 祖母井氏は06年まで千葉でGMを務め、
 元日本代表監督のイビチャ・オシム氏を日本に呼んだだけでなく、
 グルノーブルでも多くの海外人脈を築いた。
 京都側はチーム再建を託すのにふさわしいと判断したようだ。

[ 2010年11月12日 ] スポニチannex大阪 記事より


  出ましたねー、

  ・・・複数の関係者によると・・・・
  このフレーズは、どうも???

  京都サンガのサポの中では
  まだ、燻った状態の

  ヤナギへの戦力外通告!
  本人は、
  「・・・京都で・・・」
  の気持ちいっぱいのコメント。
  選手はなく、コーチとして・・・と
  交渉もしない【素人集団フロント】
  このときも、スポーツ紙の記事から。

  ゴタゴタしてから、
  社長の名で、
  わけのわからん文章出して、
  サポの感情 メラメラした火 に 油を注ぎ!

  またまた、
  関係者???からの
  報道が記事に。

  降格がほぼ確定的とはいえ、
  選手、スタッフ、サポは、
  まだ、闘ってるんですよ!!!!!

  なんで、フロントは
  こんな時期に、
  次々と・・・。

  状況が公になってしまったが、
  そんな、素人フロント改革の為にも、

  祖母井氏の招聘が成功し、
  スポンサー本位じゃなく、
  手腕を大いに発揮してもらい

  大剛、ミズモ等を中心に、
  宮や太亮らの若手をランクアップさせ、
  できれば(いや、やってほしい)
  ヤナギも、再交渉して再契約。

  今度こそ、
  J2降格争いの常連でなく
  J1で、上位争い、タイトル争いのできるクラブ

  京都サンガF.C. 
  となることに期待したい。

2010年09月19日

それは、ないやろ! 郭泰輝・・・


やってしまいました。

後半、21分
ハンドで
郭泰輝 が一発退場!!!

PKをミシューに決められ

1−1 の同点に。

ドゥトラ→アツ
西野→ヤナギ

と、戦闘体制に入った矢先だから・・・・。

新潟の攻撃に劣勢のようだ。

後半33分のこの時点で、
角田→染谷

勝利を願って、応援、応援。

京都サンガvsアルビレックス新潟 途中経過

京都サンガ

今日の新潟戦は 大事 だよ。

前節の快勝での
いい流れを継続、上昇気流にのるためにも。

で、今日の途中経過は

前半36分に
郭泰輝の
中央からの GOOL

後半14分まで

1−0

西野と俊に警告が・・・。

新潟には、いつもの゙永哲が、イエロー。

良い結果報告が出来るように
応援するのみ。

2010年09月04日

天皇杯の相手は。


我等の
京都サンガF.C.

天皇杯 二回戦の対戦相手が決定。

昨日、西京極スタジアムにて
 1回戦 佐川印刷SC vs 奈良クラブ

 が行われ、 3  −   1

 で、佐川印刷SC が勝利しました。

この結果、2回戦は

  京都サンガFC  vs 佐川印刷SC

  の 京都ダービー となります。


 明日、5日の決戦では、

 必ず勝利し、

 弾みをつけて、

 9月11日(土) ヴィッセル神戸 戦 での

 勝利=勝点3 奪取といきたいものだ。


京都サンガ サッカーサッカーサッカーサッカー  京都サンガサッカーサッカーサッカー手(チョキ)

2010年08月29日

予感はハズレ・・・!



京都サンガF.C.


微かな期待を込めた 予感 は空しく消え。

いつもと同じ、負け方。


アキさん
練習中も必死ですよ。
一緒に走って、声だして、
前向いてますよ。


でも、結果が・・・・。

個々のパス、トラップ等の精度の低いこと。
相変わらず、
カウンターデ、サイド攻撃しても、
前線に人がいなくて、
出しどころが見つからずに
廻している間に、
守備が固められ、
バックパスして、
自陣に戻され
パスカットされては、危険にさらされてる。

太亮はいい感じだし、
大剛も一時に比べれば上昇している
これでサイドは、良いと思う。

トップ下で、ボールコントロールできる選手を固定すべきだ。
博貴(bP5)でいいと思う
そうすることで
ディエゴを
前線で使えばいい。
後ろに下ってくる悪い癖を止められるのでは・・・?

前掛かりでいい。
点数がないと勝てないんだから。
勝たないと、上には上れないない。
上れなければ・・・・・(考えたくないので、やめておきます)

次のホーム ヴィッセル神戸戦は
必ず勝つ
眼いっぱい応援するぞー!!!

2010年08月28日

勝利の予感


京都サンガ 

今夜、首位の名古屋グランパス と
敵地に乗り込んでの アウェー戦となる。

前節、ホームでの
横浜Fマリノス戦 
今シーズンの悪い状態がでて、
終了間際で、勝ち越されての 勝点0

湘南や仙台の試合結果なんて
気にしている場合じゃない!

とにかく、走って、走って、走りぬけ!

ワールドカップで見た
あの 『日本代表』 の姿を見習えばいい。
ランク上(今のサンガは、対戦相手はすべて 上)でも
走り勝てば、勝機は見える。
必死に積み上げれば、
ランク下に、他チームがいた。

それが、好結果として
シーズン終了後に笑えればいいじゃないか。

今日の試合は
名古屋グランパス 
  の監督、選手たちが過剰に
  警戒している。
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20100827-670927.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20100828-OHT1T00007.htm

そこが、狙い目だ!
失うものはない!
ただ、ひたすら走り負けるな。

前節の内容は、決して悪くない。
サポーターも一致団結して、
まとまりのある、大きな声。

 大剛と太亮の両サイドからの崩しと
ディエゴが下りすぎて、いらんタメをつくらないことだ。
直ぐに後ろにボールを廻さないことだ。
早い攻めあがりが必要。


 そうすれば、
見えてくる

『勝利の予感』

2006年06月29日

結局は改修ですか・・・!

「サッカースタジアム検討委員会」
(委員長=松山靖史・京商京都スポーツ振興特別委員長)は

26日、検討していたサッカー専用スタジアムについて

「交通アクセスなどの面から整備は困難」とし、

西京極総合運動公園陸上競技場(右京区)の

全面改築を「唯一、実現可能性がある」と

結論づける最終報告書を公表した。

 京都新聞の記載記事内容はこちらです。Suivant(続き) → 

2006年03月12日

あきれて・・・サンガ。

sanga_03.gif

昨日のホーム開幕戦

天気もいいし、ポッカポッカだしで・・・
Suivant(続き) → 

2006年03月06日

完敗でのスタート・・・

sanga_03.gif

力の差がはっきりでた試合 ふらふらもうやだ〜(悲しい顔)

京都パープルサンガ

J1復帰の初戦がアウェーで、横浜FMと対戦




Suivant(続き) → 

2006年03月04日

いよいよ、シーズンTN

sanga_03.gif

さあ、京都パープルサンガの出陣。

明日、J1復帰の初戦を、敵地でのアウェーで

強豪(昨シーズンはもうひとつだったけど・・・)横浜FMと。

タレント揃いの相手に
どう、戦うのかをじっくり観てみることにしよう。

でも、MF中山は出ないんだろうな もうやだ〜(悲しい顔)

松井大輔のあとは、彼だと思っているのだが・・・・・exclamation&question
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。