2010年12月16日

立命大の内藤洋平選手と仮契約


今週はじめに

立命大の

内藤洋平選手

との仮契約のニュースが一部スポーツ紙に。

立命大 内藤洋平.jpg


彼は、現在

立命大で「10」を背負うMF

主にボランチらしい。

攻守に活躍し、

多彩なパスも出せるようだ。

若きサンガの一員になり

頭角を出して欲しいものだ。


※先日、川崎Fの薗田淳選手に

 サンガがオファーの報道があったが、

 見事に、断られ

 撃沈!


◆現在の情報

 水本(4)・・・広島からオファー

         広島サイドとは、一度会ったが、

         挨拶程度で、

         祖母井GMとの話し合いをしてから

         決断するよう。

 大剛(22)・・大宮からオファー

         ・・・・・???

 角田(26)・・C大阪、仙台からオファー

         C大阪とは、最終戦後にも契約???

         ・・・その後、報道は無く・・・

         先日、仙台から?

         移籍はするだろうが、何処になるのか?

他の選手も、気になるが、噂の段階であろう。



いずれにしても、明日(17日)に

祖母井GMが、クラブに来てからになるだろう。

今週末〜来週は、

スポーツ報道から、眼が離せない!!!!

2010年12月12日

川崎FのDF薗田淳(21)にオファー



京都サンガが、

川崎Fの若きDF

薗田 淳

にオファー

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/12/09.html

できれば、
水本の残留が決まり、
薗田の移籍が確定
することを
望むのだが???

テヒの移籍は、
まぁ、良いかなって。
ミズとのコンビネーションがもうひとつだったし、
ミズの踏ん張りで、守れた場面もいくつもあった。

ミズは、元ジェフで
祖母井GMとの信頼関係もできているということで、

「移籍の話は、GMとの話し合いのあとでの結論」

と言っているだけに・・・期待してしまう。


祖母井GM
仕事は
始まっていますよ。

2010年12月10日

新監督、決定!


やっと、監督が決まった。

京都サンガF.C.の公式HPで発表された。

予てから、噂のあった

大木武 氏だ。


以下、

【指導者としての特徴 】

サッカー監督としての信条は

「見てくれたお客さんが
 もう1回見たいと思うサッカーをする」
事。

「サッカーはエンターテインメント」という哲学の下、
4-3-3システムを採用した
攻撃的サッカーを得意としている。


特にパス&ムーヴを繰り返すショートパススタイル、
流動的なポジションチェンジ、
チャンスの時は4,5人が一斉に前線へ駆け上がる
高速カウンターなど。

彼の戦術として印象的なのが、
「クローズ」である。

ドリブルやサイドチェンジは極力排除し、
片方のサイドだけでパスを回していくものである。

この戦術のメリットは
奪われてもすぐに取り返せるところであるが、
逆に個人個人の技術も必要である。

そのため
技術的に乏しい選手が多い甲府では
ガラ空きの逆サイドに回されて
失点することが多かった。


・・・大木氏の持論と

   来期、京都サンガの目指すもの

   合致しているのだろうか?


どう見ても、今のサンガに無いものばかり。

目指すのだから、当然、今とは違う・・・

といえば、それまでだが???


上記の、

甲府の二の舞にならなければ良いが

京都サンガF.C.は

来期のJ2を ぶっちぎって、

【一年でのJ1復帰】

を果たして欲しいものだ。

大型ボランチ入団内定!


チョン ウヨン選手 入団内定

http://www.sanga-fc.jp/news/20101209-2242.html


やっと、決定した。

京都サンガの来期の課題のひとつ

センターラインにおける

ボランチの獲得である。


韓国U−21代表。

大型の攻撃的MF。


・・・・・大型のボランチ???


こんな、期待をこめた言葉?

今期の初めにも、耳にしたなー。

働かずに、年棒6000万?

レンタルだったけど、

早々に帰国した

『チエゴ』


同じ、失敗はないと思いたいが・・・・・?

やっぱり、見てみないと?


祖母井GMは、確認しているのだろうか?

就任前のフロントの先走りの失態でないことを願う。


来シーズンが始まれば、

キャンプや城陽で見られる。

まー、実線でどれだけやってくれるかだろう。


現在のサンガの布陣なら、

そこそこなら、

レギュラーとれるだろうけど。


この時期は、

期待感は高まる。

2010年12月08日

水本。契約の更新を!


サンガは、まだ、交渉してないの?

ミズが
広島と交渉。
挨拶程度とのこと・・・・だが?


 京都のDF水本裕貴(25)が
オファーを受けている広島と6日に
都内で初交渉を行ったことが7日、わかった。
この日、
京都府城陽市内で練習を終えた水本は
「オファーをしてもらって、挨拶程度です」と、
詳しい金銭面などの交渉は今後行う。
「まだ京都とも話してないし、
    祖母井さんと話してから」と、
千葉時代に関係のある
新GMとも交渉して決断する。
          (スポーツ報知 より)


気にかかるのは、


まだ京都とも話してないし

というところ。

フロントは、なにをしてるの?

ミズは、センターラインに絶対必要

一年でJ1に復帰するのに、
力を貸して欲しい。共に戦おう!


って、なんで言わない。

早々に、言っていて当たり前では。

ま、祖母井GMと
話をしてからになるなら、
何とか、GMに慰留してもらいたい。

そして

水本、決意の残留、契約更新!

の報道を聞きたい。


アキさんの退任発表の際の社長のコメント

・・・・経験が浅いので・・・

それは、
最初から分かっていたことだし。

もっと、言いたいのは、

経験が浅いのは、社長、あなたです。

考えが浅いのも、社長、あなたです。

ファン・サポへの思いが浅いのも、

        社長、あなたです。

この際、深ーく、ふかーく、フカーク

    反省し、辞任するのも

        社長、あなたです。

2010年12月07日

アキさん 解任決定!


遂に、監督解任の発表。

京都サンガ 公式HPに

秋田豊監督解任
http://www.sanga-fc.jp/news/20101207-2238.html

・・・無念だろうけど、

しかたがない・・・だろう。

ヤナギも言っていたように、

「これが、プロの世界」

結果が出なければ、当然の結末。


・・・・・だが、フロントは、


梅○会長の辞任だけで、集結か???
今シーズンから、着任した素人社長は、
このまま、
居座るのか?



アキさーん、
なんか、納得いかないよな!!!



正直、
Qさんからのバトンを受け取ったときは、
現役時代のスピリッツに期待したけど、
選手の起用や交代には
かなりの疑問が残りました。


新監督の発表が、いつになるのか?
この日曜日、12日の
ファンクラブ限定の
「大ふれあい大会???」とやらには、
監督、選手を含めて
誰が参加をするのやら・・・・・?

戦力外・・この言葉?


サンガから、
契約満了選手として
正式発表がありました。

中谷、西野の両選手。

トノ(西野)おいては、
本人のブログでの、報告のほうが先?

フロントは、一体なにしてるの?

ヤナギの件でも、祖母井氏おGM就任の件でも
常に、報道が先行。
しかも、

『・・クラブ関係者の話・・・』

って、一体誰???

ファン、サポの気持ちを
もっと、もっと、
大事にすべき。

契約満了の発表もだけれど、
来期のことを考えると、

【契約完了選手】

を早く発表して欲しい。

主力の流出のうわさ(オファーも含めて)が
あふれてる中、
主力は・・・?
補強は・・・?

不安を早く解消してほしい。


選手の中からも

『来年も一緒にがんばって、
     J1に復帰するぞ!』


って言葉を発して、
チームを引っ張っていこうという
気概のある行動を起こしてくれる人材が
出てこないのも
このチームの体質なのか???


来期へのエネルギーになる報告がほしい。

2010年12月02日

広島が ミズ を狙ってる!


広島が ミズ にオファー。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/12/02/16.html


昨日、祖母井氏のGM就任のニュースに
安堵したのも、つかの間。

だが、ミズは

  「京都に残留することも、選択肢の一つ」と言っている。

 この言葉が、
 そのまま、現実となればいいのだが?

 G大阪からの移籍を振り返ると、
 カテゴリーや出場機会には、こだわりがあるのかも?

 ここは、
 元、千葉のつながりで、
 祖母井さんの
 《引きとめの言葉》が必要。
 ただ、祖母井さんは、
 2011年2月からの契約らしいから・・・?

 水本、京都に残留!

 この、記事が出るのを
 待つだけだ。

2010年12月01日

やっと、GMに祖母井氏が就任


やっと、やっと、決まりました。

京都サンガの公式HPにでました。

GMが、祖母井氏に決定です。
http://www.sanga-fc.jp/news/20101201-2228.html

これで、
ファンやサポも大事にして、
フロントに物申すことが出来れば・・・。

もっと、希望が叶うのならば、

・・ヤナギと契約交渉してください。
   《京都愛》をいっぱい持ってる選手です。   

   若いだけではダメ!
   経験してきたものを、
   もっと、もっと
   ミヤ、タイスケ、アツタカ、ジャンボ、タマちゃんら
   これからのサンガを支えていくべき人材に
   実戦のなかで、叩き込んであげて欲しいから。

 とりあえず、ひとまずはホットした。
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。